スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014駒場祭ゲー研対戦会使用PT『クチートクレセアロー』 
マリルリ/とつげきチョッキ
意地っ張り・力持ち
アクアジェット 滝登り 邪烈苦 叩き落とす
H:201 A:110 B:101 C:- D:108 S:57

マンムー/気合の襷
陽気・暑い脂肪
氷の礫 地震 岩石封じ ステルスロック
H:191 A:176 B:101 C:- D:81 S:145

クレセリア/ゴツゴツメット
図太い・浮遊
サイコキネシス 冷凍ビーム 三日月の舞 電磁波
H:223 A:- B:168 C:116 D:151 S:107

クチート/クチートナイト
意地っ張り・威嚇→力持ち
邪裂苦・叩き落とす・不意打ち・剣の舞
H:151 A:138 B:106 C:- D:76 S:87
H:151 A:160 B:146 C:- D:116 S:87

サンダー/食べ残し
穏やか・プレッシャー
10万ボルト 熱風 羽休め 電磁波
H:193 A:- B:104 C:145 D:143 S:128

ファイアロー/拘り鉢巻
陽気・疾風の翼
ブレイブバード フレアドライブ 蜻蛉返り 寝言
H:159 A:133 B:91 C:- D:92 S:187


以下解説。
マリルリ
H:201調整(地球投げ確定5)
A:11n
H-D:CS控えめメガリザードンYオーバーヒート+C2段階↓ソーラービーム確定耐え。
C4振りメガゲンガーシャドーボール+ヘドロばくだん乱1(177~212発)
S:最遅ギルガルド-1

変更無し。ギルガルド嫌いなので後攻叩き出来るS57でも、
クレセの三日月の舞で完全復活出来るのでとりあえず技出してから下げるかアクジェ撃って捨てるか考える。

マンムー
H-D:風船ヒードランのマグマストーム+スリップダメージ耐え
S:最速

ステロ持てるポケモン欲しくて採用。
S操作をトリルで無く電磁波でするPTなので、氷柱張りを岩石封じに変えて後続のサポートが出来る様にした。
敵のドランが撃つマグストは何故か外れないので、一応対策してある。

クレセリア
H:16n-1
B:余り
C:無振りガブリアスにゴツメ+最低乱数冷凍ビームで183発。
S:4振り

無振りクレセのサイキネを身代わりが耐える調整が割と有名なので、
ゴツメと合わせてガブリアス倒せるまでCに降ってある。

クチート
H:50n+1
A:残り
S:無振り65族+2

不意打ちしか振れないメガクチートが弱過ぎるので、叩き撃って退場とか出来る様に多めにS降ってある。
Aを削ったので、舞不意打ちの威力が無振りガブ相手含め多くの相手に不利になってしまったが、
ガブリアスに限ってはどうせ襷とかばっかりなので、ステロ込みで大体落とせる程度で妥協する事にした。

サンダー
H:16n+1(食べ残し13回復)
C:10万ボルト無振りゲンガー確定2
無振りメガゲンガー乱2(94.1~111.7%)
H-D:眼鏡ライコウの10万ボルト乱2(180~212)
CSメガゲンガーシャドーボール2耐え(140~168)
S:準速メガヘラクロス+1

ネットで調整見つけて以降使ってる穏やかサンダー。
呼ぶ相手が引かずに撃ち合いたい相手ばっかりなのでVC切って10万。
ガブリアス無理なんだけど、クチートクレセで手厚く見れるので諦めた。

ファイアロー
H:余り
B<D:ダウンロード調整
S:スカーフバンギラス+1
ステロで展開出来るのでプレートでも良いけどライコウ嫌い過ぎて、
ステロ+フレドラで無振りライコウ大体落とせてスカバンに上から蜻蛉出来る陽気鉢巻を採用した。
とりあえず繰り出せた時から強い方が個人的に使いやすい。
プレートやラム型だと鬼火持てるけど、命中クソなので技選択欄にあっても絶対に撃たない。

--------------------------------------------------------------------------------

11/24(月・祝)東京大学駒場祭にて、東京大学ゲーム研究会の来場者対戦会にて3戦目のみ使用。
今回の対戦会の為に、マリルリ・バンギラス・クレセリア・ハッサム・ゲッコウガ・ファイアローと言うPTを作ったが、
2戦して2戦ともメガ枠を一匹も選出出来なかったPTで、
なんとか2戦目勝てたけど、使ってて欠陥だらけなのを感じながら運用しなければならず、
勝ちに行けるPTでは無いと判断し3戦目だけ使い慣れたクチートクレセにPTを組み替えて対戦しました。

IMG_20141124_101001.jpg

3戦目の対戦相手の方は、ゲー研のポケモン会誌で必ず名前を見かけるとても高い構築能力と立ち回りの練度を持った方で、
この人の足元にたどり着く事を一つの目標(猛烈に意識低いけど)としていたのですが、
僕が相手側のPTのコンセプトや調整といった情報を前に購入したゲー研会誌を介して一方的に持っていて
6体中5体が同じ面子と言うPTだった事もあり、何とか勝利出来ました。
あまりにも嬉しくて思わず記事にしました()けど、
僕がポケモン始める原点となった東大ゲー研の会誌執筆陣の方と対戦出来て、
今回勝利と言う形で終われてXY環境最後の対戦会は凄く良かったです。
ORAS環境に入りこのPTもきっと使えなくなり、僕も次こそ新しいPT組むと思いますが、
カロス産ポケモン細々と育成進めて、また来年の五月祭やレート環境で戦えるPT作って行ければと思います。
スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。