スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当にあったブラッキーの話 
03月11日某時刻ランダムバトルフリー。

「蝶舞ウルガモスとかマリルリのアクジェで余裕なんで、後出し安定っしょ。」
ウルガモス の むしのさざめき ゴッゴッキュピーン! 虫のジュエルが威力を強める!←そげぶ
「ウルガモスとかトリトドン後出しで余裕ッスよ。」
ウルガモス の ソーラービーム ! ゴッゴッキュピーン パワフルハーブが←そげぶ
「・・・何とか電磁波入れたし、晴れドライブする為に一旦ラフレシアに回そう。」
ウルガモス の ねむる ! ウルガモス は ←そげぶ

すみません。ウルガモス強すぎるんでエラッタかデック点にしてくれませんか?(=w=;)

しゃーないんで、対面で蝶舞されると一番困るブラッキーにほえるを入れる事に。
単品じゃろくに使えないんだけど、これ以外どうにかする手段無いからねぇ・・・・

 わざマシン05
「わざマシン 05 を 起動した。 中には ほえる が 記録 されている。」
「ほえる を 誰かにおぼえさせますか ?」
 はい

 ブラッキー

「ブラッキー と ほえる は 相性 が 悪かった!」
「ブラッキー は ほえる を 覚える事 が 出来ない!」

ナ、ナンダッテー Ω !! ΩΩ

みんな!ブラッキーはほえる覚えられないよ!大問題だね!!(本当に知らなかった)
スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。