スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タンガランクルス育成 
n579.gif
電磁波タンガランクルス育成。

N N:エリーテ♂
性 格:ひかえめ
特 性:マジックガード(攻撃以外のダメージを受けない)
個体値:H:31 A:0 B:31 C:22 D:31 S:25
努力値:H:188 B:154 D:132 S:36
実 値:H:209 A:- B:114 C:155 D:122 S:52
 技 :サイコキネシス シャドーボール じこさいせい でんじは
持ち物:タンガのみ

調 整:
H:16n+1調整

C:
無振りヘラクロス サイコキネシス乱1(90.3~106.4%)
H振りヤドラン シャドーボール乱2(93~109.9%)
無振りラティオス シャドーボール乱2(92.9~109.6%)

B:
意地っ張りA振りヘラクロス タンガ根性メガホーン確定耐え(83.7~99%)

D:
臆病C振りラティオス 流星群確定耐え
控えめC振りウルガモス タンガ蝶舞さざめき確定耐え(69.1~81.5%)

S:4振り30族抜き

備 考:

以前まで物理受けめざ炎ランクルスを使ってたんですが、
仮想敵だったローブシンがラス1以外間違い無く逃げるので、
C調整があまり役に立ってない事や、
タイプ的にズルズキンやヘラクロスが受けられず、
ナットレイはめざ炎無しでも大体倒せるので、
耐久中心に育成してみました。

お決まりの電磁波自己再生の流しをメインに、
タイプ一致のサイキネと、
ラティ、ヤドラン意識のシャドボの2ウェポンと技構成は殆ど変わって無いです。
きあいだまは命中率の点から、
採用したとしても僕は絶対に撃たないんで切りました。

調整は、H252振りより少ない努力値で流星群耐えが出来る
209-122の特殊耐久をベースに、
同族抜きまでSに振り込み、
残りB振りの、まあありきたりな調整です。
Sはヤドランと電磁波の撃ち合いになった時に
先手が取れる調整でまあ不安定なんですが、
クロバット抜きで4振るならやっといても良いかと思います。
Cが個体値的にも足りてないので本当は振りたかったのですが、
物理耐久が大幅に低下するので諦めてます。

持ち物のタンガのみは、ウルガモスやデンチュラにでんじはを撃ち込む為に持たせてます。
かえんだまヘラクロスのメガホーンをぎりぎり耐えられる物理耐久もあるんで、
死に出しでサイキネ撃ったり等、持てる役割が多少増えたかな。
スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。