スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
eien/二等兵のパーフェクトせつだん教室#1 
※注意※

本記事はポケットモンスターブラックorホワイトのランダム対戦において、
回線切断と言うノーマナーを筆者の経験や価値観で扱ったものであり、
真っ当に対戦をしているトレーナーの気分を害する表現が含まれている可能性があります。
閲覧する際にはそれらを理解した上で閲覧して頂く様お願い申し上げます。

又、切断と言う行為はランダム対戦におけるノーマナー行為であり、
いかなる目的や理由であっても決して正当化されるものでは無いと言う事を事前にご理解下さい。
概要兼謝罪:
そんな訳でここ EW でもポケモンBWランダムマッチにおける切断行為の記事を扱う事に致しました。
eien/二等兵ごと管理人も Wi-Fi 環境を自前で持っていなかった4月頃までは、
回線状況が常に不安定だったマクドナルドやネットカフェの Wi-Fi を使ってランダム対戦を行い、
自分が不利な状況で回線が切れてしまう所謂負け確切断を初めとした
各種切断行為を頻繁に引き起こしてしまい
ググれば誰でも分かる切断厨として有名な存在でした。
当時僕との通信対戦にて切断被害にあい、
相手方に生じた時間の浪費や精神的苦痛は甚大であり、
謝って済む問題では無い事は承知しているつもりですが、
この場にて謝罪させて頂きたいと思います。
大変申し訳ありませんでした。

現在は自前で Wi-Fi 回線を用意した事もあり、
当時みたく負け確定状況で回線が切れるような事も無くなりましたし、
ブログのHIT数も当時の10分の1程度にまで落ち込んだのもあってか、
見せ合いの時点で対戦相手に回線を切断される事もだいぶ減ってきたのですが、
当時の記憶や経験を元に、BWにおける切断についてもう少し掘り進めた感じの記事を書いて行こうと思っています。
ポケモンやってる人もそうで無い人も現環境における切断行為やその手法について正しく学んでいきましょう。

切断とは?:
ポケモンブラックホワイト(以下BW)にて追加された、
Wi-Fi を利用した通信対戦、
ランダムマッチにおいて勝敗を決する前に、
何らかの理由で通信が出来ない状態になり、
対戦そのものが無効になる現象の総称。
切断には、
人為的な行為により意図的に相互を通信出来ない状況にする場合。
と、
通信を行っている回線の不調等により相互が通信出来ない状況になる場合。
の、大まかに分けて2つの状況が一般的ですが、
本記事では主に前者のケースについて扱います。


実戦中における切断:
BWの通信対戦において実際に切断を行う理由は、
負け数を増やさない事。
と、
時間の浪費を防ぐ事。
の、2種類に分類されます。
それぞれ違う考え方と理由による切断なのですが、
共通している事は両者共自分の都合より回線を切断している訳であり、
平等に切断厨であると言う事実です。

1.負け確切断
負け数を増やさず、勝ち数だけを確実に増やす事に特化した、
結果重視の切断方法です。
見せ合いを行い、対戦する所までは普通なのですが、
対戦の終盤にて、
どのような手を打っても勝ちが見込めない状況。
や、
最後の1匹が倒される事が確定した時。
と言った状況で、人為的に Wi-Fi 回線を通信出来なくするか、
BWをプレイしているニンテンドーDSの電源を切る
方法を用いて、その戦闘をノーゲームにする切断方法です。
結果として、切断側は負け数が増えず、
状況有利側は勝ち数を増やせ無いと言う事実のみが残ります。
BWにおける切断で最も有名で被害件数の多いタイプの切断です。
又、決着が付かなかった対戦はゲーム内機能であるバトルビデオへの保存が出来ない為、
証拠も残りません。


2.見せ合い切断
見せ合いの段階から勝ちが見込めない試合を無かった事にする、
時間重視の切断方法です。
ランダムバトルのマッチング段階にて、
対戦相手のプレイヤーネーム、勝ち数orレート、挨拶文、手持ちポケモン。
と言った事前の情報から、
最終的に勝つ事が出来るかどうか。
や、
対戦相手が負け確切断を行うかどうか。
の、目処をつけ最終的に勝ち数を増やせないと判断した時に行う切断方法です。
判断基準として、
前者の場合は、対戦相手の使用ポケモンが強いポケモンで構成されており、
結果的に勝利が望めないと判断した場合。
後者の場合は、匿名掲示板等に負け確切断を行うプレイヤーとして報告されており、
相手を負け確状況に追い込めば必ず切断されると分かっている場合。
が、一般的です。
強いポケモンの使用や、勝ち数orレートが高くなるにつれて見せ合い切断のリスクが高まりますが、
負け確切断の常習犯として報告された経歴のあるトレーナーもこの被害を受けます。
この場合、プレイヤーネームが固有である程、被害の程度は大きくなります。
例えば、勝ち数80程度で、PN eien でランダムマッチをやってた時で、
3連続程度の見せ合い切断は日常茶飯事です。


次回は回線不調による切断を扱った記事の予定です。
質問疑問苦情等ありましたらコメント欄かチャットへ書き置き等どうぞ。
次回更新時の参考にさせて頂く場合があります。


続く。
スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。