スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
eien/二等兵のパーフェクトせつだん教室#2 
※注意※

本記事はポケットモンスターブラックorホワイトのランダム対戦において、
回線切断と言うノーマナーを筆者の経験や価値観で扱ったものであり、
真っ当に対戦をしているトレーナーの気分を害する表現が含まれている可能性があります。
閲覧する際にはそれらを理解した上で閲覧して頂く様お願い申し上げます。

又、切断と言う行為はランダム対戦におけるノーマナー行為であり、
いかなる目的や理由であっても決して正当化されるものでは無いと言う事を事前にご理解下さい。
挨拶:
どうもこんにちは、eienさんです。
ここしばらくポケモンに触れる機会が無かった事や、
テスト勉強で忙しかったのもあって、
前の記事からだいぶ期間があいてしまいましたが、
多少時間に余裕が出てきたので、ここら辺で第二回記事を公開したいと思います。
今回もBWランダムマッチにおける切断行為について正しく学んでいきましょう。

バックナンバー:
#1

概要:
前回記事について、切断に該当する状況において、
人為的な行為により意図的に相互を通信出来ない状況にする場合。
と、
通信を行っている回線の不調等により相互が通信出来ない状況になる場合。
の、2種類の例を上げ、前者についての掘り進んだ事例を紹介しました。
今回は、後者における切断について詳しくまとめて行きたいと思います。

切断:
今回の場合による切断状況については、
操作している人間の意識や判断によって起こす現象と違い、
通信に使用している機器の気分や、使用している回線の通信状態により、
起こる現象であると言う事です。
見せ合いにおける力量の差、選出したポケモンの構成や戦闘の状況と言った
ゲーム的な有利不利には一切関係無く起こる切断です。
表記上、ここではこのような状況における切断を、無差別切断と表現させて頂きます。

状況:
無差別切断の多くは、不安定な回線状況から発生する事故である場合が殆どです。
外出先で手軽に Wi-Fi を使用出来る事を売りにしている、
マクトナルドやネットカフェの回線がソレにあたり、
これらは継続的な通信を行うには不向きな場合が殆どで、
5分程度で一時的に通信が出来なくなる場合が殆どです。
他、操作しているDSが落下し電源が切れた等がありますが、
ここでは纏めて無差別切断として扱います。

レアなケースとしては、安定した回線を自宅で使用していた所、
電気の使い過ぎによりブレーカーが落ちてしまった等の報告を見た事があります。

実戦:
無差別切断は操作している人間の意志とは別に回線を切断する為、
ほぼ最短で起こりえる見せ合い切断から、長期戦を挟んでの負け確切断まで誘発する恐れがあります。
勝てる勝負でも勝敗を決する前に切れてしまう、
いわゆる勝ち確切断を起こす事もあり、
基本的に双方共に旨みの無い切断と言えるでしょう。
ちなみに管理人が実際行っていた切断がコレにあたります。

注意:
このような無差別切断は、回線状況や機器に依存する為、
自分は何も悪くないと判断する自己中や、
「事前に無差別切断が起こるかも知れません。」と、
事前に主張する勘違いが多数います。
切断してる以上、不安定な回線で通信している人間に100%非があるのは明確ですし、
通信が切れる可能性があるなら通信しちゃ駄目です。
無差別切断における被害の多くは切断者の罪意識の低さが一番の問題なので、
『切断はいかなる目的や理由であっても決して正当化されるものでは無い。』
と、言う前提をちゃんと理解した上での立ち振る舞いを心がけましょう。


第二回はここまでです。
次回は、切断に対する対処と心がけを扱った記事の予定です。
質問疑問苦情等ありましたらコメント欄かチャットへ書き置き等どうぞ。
次回更新時の参考にさせて頂く場合があります。


続く。
スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。