スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと200超えました 
090602-192557.jpg
ストーム/ファイアードアップⅡ 14P 

先月13日に導入した新しいボールデス。
今までハイスペックボールはコロンビア300で統一していたんですが、
浅草で新しいボールを選んでいる時にドリラーの方に勧められて、
別のメーカーに手を出してみる事に。
ストームはピート・ウェーバーが契約しているメーカーなんですよねー。(笑)
マーブル色の筈なんですが、撮り方がちょっと悪くて黒の単色にしか見えませんね。
MSNのアイコン用に次回ちゃんと撮影し直します。はい。

09_0613.jpg

1G:160 2G:172 3G:145 4G:228 5G:159
トータル:864 アベレージ:172
使用ボール:ファイアードアップⅡ カバー:コントロールソフト


超絶久しぶりのスコアシートアップ。
新しいボールを買ってからアベレージが140台まで落ち込んでまして、
ジャズやリコシェを持ち出しても180すら出ない日々が続きましたが、
新しいボールの方の勝手がだいぶ分かるようになり、
コントロールソフトもポリッシングして曲がりがかなり抑えられるようになったのもあって
この間やっと単発200アップまでこぎつける事が出来ました。

実装してすぐはブレークポイントを2~3枚目を狙い、
思いっきり戻してポケットに当てていくアングルにこだわってたんですが、
ストローカー向きの大人しめなボールなのと、
あまり動きの出ないレイアウトでドリルしてもらった事もあって、
外に出して戻すようなアングルで無く、ポケット狙って真っ直ぐ投げた方が
当たりの強い球質になるみたいです。
私的にはジャストストライクより薄めヒットの7番が遅れて倒れるストライクが多かった印象です。
転がりが割と良いので薄めでも割と全部倒れてくれますが、
内から出して曲げて当てるのはかなりいまいちでした。
普通に投げて10ピンのカバーもコレで出来てしまったので、
1投目に20枚目より内側から出して使う事は現状無さそうです。

板目を多く使って曲げるリコシェやジャズの動きにも驚かされましたが、
ファイアードアップⅡは10ボード真っ直ぐを投げて薄めヒット7番タップする
動きの無さにも驚かされました。
ジャズやリコシェには無い全く正反対の性能のボールなので、
その日のコンディションに合わせて上手く使い分けて行ければ良いなと思います。

ちなみに、200出した後の5ゲーム目はファイアードアップⅡでは無く、
カバーボールのコントロールソフトだけ使って適当プレイ。
表面磨き直したのでかなり曲がらなくなってくれましたね。
スペアはほぼ直球で狙っていけるので10番のカバーなんかも楽になりましたね。
曲がりを計算に入れなくて良いので、25枚目出しの20枚目出し程度で
大体10番正面に当てれます。ミスったらダメだけどね。(汗)


後はアベレージを戻しに行かないとなあ。
サードパークレーンズで200超えするだけだったら、
ジャズでインサイド決め撃ちで大体出そうなんですけどね。(笑)
スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。