スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハウスボールについて 
気がついたら、最新の日記の一番下のスポンサー広告がつくようになってますね。
更新サボり過ぎたせいですかね。まあどうでもいいけど。


最近、友人とボウリングに行く機会がありました。
ただ、どっかに出かけて帰りがけに寄るルートを取る為、
サードバークレーンズには行かず、別の殆ど行った事無い狩場ボウリング場なので、
普段使ってる靴やボールと言った装備を使う事が出来ません。
一部のボウリング場では型落ちしたリアクティブボールがハウスボールになってる事がありますが、
指のサイズが合わないチップグリップですので、コントロールお察しであまり役に立ちません。
なので、どこのボウリング場にも置いてあるプラスチックのハウスボールである程度頑張れる手段を開発してみました。


1.ボールの重さ
14ポンド以上を選びましょう。
ただでさえグリップの弱いハウスボールで軽いボールを選ぶメリットは基本的にありません。
ただ、重いボールは指穴がぶかぶかである事が殆どで、
まともに投げられない場合が殆どなんですが・・・この続きは後で

2.ライン取り
テンツーテンアングルが理想。
ただ、10枚目出しで内ミスすると必ず10番が飛ばないので、
若干外に膨らませましょう。11枚目出し位のイメージで。
外のオイルが切れてるハイスコだった場合は、
立て回転をガターすれすれに投げれば5番タップを防ぐ事が出来ます。
ポケットが上手く突けない場合は、さらに外にアジャストするか
内に入ってぶん回せば何とかなる場合もあるし、なんともならない場合もあります。

3.球質
フルローリングで良いです。
グリップが弱く、軸移動が無いのでセミローリングやスピナーだと当たり負けする場合が殆どです。
後、球速は出来るだけ落としましょう。表示20キロ前後がベスト。
あんまり速い球投げると、空滑りのままなので10番が飛びませんし、
何よりボールが曲がらないのでミスが軽減されません。
なるべくアプローチの前の方、5歩助走の人は最初の左足を足踏みにして
4歩助走で投げるのがよろしいかと思います。

4.道具
道具を使用します。

使えないんじゃねーのかよ!って最初の前提で話しましたが、当然使います。
つっても、出かける度靴だとかボールだとか持っていけないので別の道具を使用します。
僕が現在使ってるのは、
090411-104644.jpg

これ。

100円ショップのドライバー用手袋です。
コレをつけると指が太くなるので、
14ポンド程度のボールでも指穴のサイズがぴったりになります。
また、手袋が手の汗を吸収するので、
投げる度に手を拭いたり乾かしたりする必要が無いのも大きな利点です。
サムレスはブリッジの長さを気にする必要が無いので、
指穴さえ合っちまえばどんなボールだろうと投げれてしまいます。おいしいですね。
僕の場合は手が小さいので、別に買った白手袋を下に2枚追加で入れています。
つまり、手袋3枚重ねですね。手袋と手の密着度が上がるのでコレはコレで良いです。

09_0402.jpg
1G:170 2G:178

でも、やっぱり難しい。


アウトサイドで膨らませると、どうしてもガターの危険性を伴うんですよね。
ボールのグリップが弱いので、あまり強気に外を攻めると戻らずに溝に落ちます。
クロスで投げる事も視野に入れておきましょう。
スペアは普通に投げてOKですが、スリーパーやバケットが辛いので、
ストライクポジションから2番、3番に当てられるアングルをある程度目処を付けておきましょう。
それだけの為に最初の2~3フレームを潰すのは個人的にはアリだと思います。


Endless Wordは、ハウスボールで頑張るサムレスボウラーも応援しています。
スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。