スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オープンバックの可能性 
世間で言う3連休(僕は2連休)はゆっくり出来そうだったので2回ボウリング行けましたよ。


08_09_13.jpg
3Gトータル:546 アベレージ:182 ストライク:15 スペア:11
使用ボール:メイン/ジャズ カバー/コントロールソフト


211からスタートして180↑アベレージ。
可も無く不可も無くって所じゃないかな、僕の普段の実力にしては上出来だと思う。
10ピンは2回カバー出来たけど、7ピンを2回しくじって台無しにしてる所が僕らしい。
使ったラインは23枚目出しのスパット20枚目通し。

08_09_14.jpg
4Gトータル:600 アベレージ:150 ストライク:8 スペア:19
使用ボール:メイン/ジャズ カバー/コントロールソフト


次の日また同じラインで投げてみて140アベレージ。
とにかくタップが飛びません、こちらの調整全てオイルに軽減されてど真ん中行きます。
内側に入ったり、15枚目まっすぐとか色々試しましたが、
結局最後までレーンが分からず、スペアミスしまくって140チョイが精々。
1Gだけ残業して、35枚目出しのスパット22枚目通しの決め撃ちで173を何とか出して終了。
軸が起き上がらず、ミスがロクに軽減されない幅の無いラインでしたが投げ続けました。
ストライクが続かないですが可能な限りスペア繋げてこんなもん。
今の投げ方はインサイドアウトでは有利に感じます。


大した事無い結果報告ここまで、最近フォームを少しいじりました。オープンバックスタイルです。
オープンバックスタイルとは、肩を大きく開いて(体が横を向く様に利き手側の肩を引く)投げるスタイルです。
とは言っても僕のは見よう見まねでの実践投入なので、
意識やタイミングがオープンバックのソレかどうかはちょっと怪しいです。


導入については、サムレスで投げてる手前、
体の横をボールが通過するまで左手でボールを支えてるので
自然に左肩が前に出る→肩を開いてる。ので、
どうせならそのままオープンバックにしてしまおうと言うものです。
もっとも、今まで肩を開いて投げてた訳ですから、
意識せずともオープンバックスタイルに近い投げ方だったのかもしれません。


意識してみると、腕に無駄な力が入ってるみたいで少し筋肉痛になりましたが、
球速が少し上がって、ピン飛びが派手になったので悪くは無いです。
意識が変わると投げ方も少し変わります。
今までリフト&ターン(通称:リフたん)の意識で投げてたので、
ボールの側面を引っかくイメージでしたが、
オープンバックスタイルはローダウンの意識、ボールの背中を押し出すイメージが主流です。
結果としては、後者の方が強いボールが投げれます。
オープンバックせずとも、サムレスはリフたんよりローダウンの方が良いんじゃないでしょうかね。


上の2つ、カバー含めて全てオープンバックで投げました。
基本イメージが何とかまとまってきたので、次は左手の使い方と助走の研究かな。
何とかものにしたいです。


※参考資料:ダニー・ワイズマン先生※

スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。